ラクトフェリンで本当に働きのあるサプリメントを徹底比較

MENU

ラクトフェリンとはラクト=ミルクの中のフェリン=鉄分と結びつくたんぱく質

ラクトフェリンサプリ,比較

ラクトフェリンとは、乳に含まれる重要なたんぱく質の一種です。

 

多くの哺乳類の乳に含まれていて、ヒトの母乳、
特に生後まもない間に分泌される初乳に最も多く含まれています。

 

母乳以外にも、唾液や汗、鼻汁などに存在しています。

 

ラクトフェリンの名前の由来

ラクトフェリンの名前の由来は、
「ラクト=ミルク」の中の
「フェリン=鉄分と結合するたんぱく質」です。

 

ラクトフェリンの働き

ラクトフェリンサプリ,比較

細菌やウイルスから守る

ラクトフェリンは鉄と結合する強い力があります。

 

この性質により微生物の生育を抑制することから、
細菌やウイルスからの攻撃を防ぐ役割をすると考えられています。

 

善玉菌を助ける

また、悪玉菌を抑え、善玉菌を助ける働きもあります。
悪玉菌が増殖するには、鉄が必要です。

 

ラクトフェリンは悪玉菌から鉄を奪い、育成を抑制するとともに、
整腸作用効果のある善玉菌のビフィズス菌の増殖を助ける働きがあります。

ラクトフェリンサプリ,比較

 

NK細胞の手助け

さらに、最近の研究でラクトフェリンはNK(ナチュラルキラー)細胞を
元気にする働きをもっていることが分かってきました。

 

NK細胞は、免疫システムの中でも特に重要な役割をもっていて、
がん細胞やウイルスに感染した細胞を見つけ、攻撃してくれます。

 

 

現在も研究が進められているラクトフェリン

ラクトフェリンサプリ,比較

年をとると低下していく免疫を高め、病気にかからないようにするためには、
日ごろの食生活や生活習慣に気を配ることが大切です。

 

ラクトフェリンは、まだ研究の途中ですが人間の免疫を高めることが期待できることなどから、
近年さまざまな食品にも含まれている機能性素材です。

 

健康維持に関わる重要なたんぱく質として注目され、
さらなる研究が進められているところです。

 


ラクトフェリンを主成分としたサプリが持つ免疫力や整腸作用、貧血予防などの働き

ラクトフェリンサプリ,比較

ラクトフェリンは糖タンパク質の一種です。
主に、哺乳動物の

  • 母乳
  • 血液
  • 唾液

などに含まれている成分です。

 

免疫力を高める働きがあり、
母乳では出産後3日間に最も含有量が多くなります。
そのため、まだ免疫力のない赤ちゃんは細菌類から守られています。

 

ラクトフェリンの3つの働き

 

1.免疫力UPに期待

ラクトフェリンサプリ,比較

実は体内には、ナチュラルキラー細胞と呼ばれる免疫細胞があります。

 

このナチュラルキラー細胞は、ウイルス感染細胞やガン細胞を
発見すると攻撃して、破壊するという機能があります。

 

ラクトフェリンには、このナチュラルキラー細胞を活性化させやすい作用が期待できます。

 

 

2.整腸作用

ラクトフェリンサプリ,比較

さらに腸内で善玉菌の養分になることで、善玉菌の数を増殖が見込めます。

 

乳児の腸の中には、9割の善玉菌と1割の悪玉菌が存在していますが、
加齢と共に悪玉菌が増え、下痢や便秘の原因となっています。

 

しかし、ラクトフェリンによって善玉が活発になると
悪玉菌の働きが弱り、腸の中が健康に保たれます。

 

オリゴ糖や食物繊維にも同じ働きがあり、
いずれも整腸作用に優れています。

 

3.貧血予防

ラクトフェリンサプリ,比較

そしてラクトフェリンには鉄と結合するという特徴があるため、
鉄を養分として生きる細菌から養分を奪うことになります。

 

そのために細菌の増殖が抑えられ、腸内環境が整います。
その上、貧血予防にも期待ができます。

 

鉄の不足によって起こる貧血の場合、
ラクトフェリンと鉄を同時に摂取することで、鉄の体内への吸収率が高まりやすくなります。

 

この他、ラクトフェリンは胃潰瘍や胃ガンの原因となる
ヘリコバクター・ピロリ菌に関して、抗菌作用が期待されています。。


ラクトフェリンの摂取方法はヨーグルトやサプリメントから

ラクトフェリンサプリ,比較

ラクトフェリンは多機能タンパク質のひとつで、
哺乳類の母乳や乳製品に含まれています。

 

人では出産後まもない母乳に多く含まれている成分です。

 

 

 

ラクトフェリンには内臓脂肪を減らす効果も

ラクトフェリンサプリ,比較

免疫力を高める働きが期待でき、
生育に鉄を必要とする細菌を排除しやすくなります。

 

これはラクトフェリンが鉄と結合しやすいために、
細菌が増殖に必要とする鉄を奪ってしまうからです。

 

さらに、胃のピロリ菌の働きを阻害し、腸内では善玉菌の働きを助けます。

 

その他、

  • 貧血の改善
  • 整腸作用
  • 内臓脂肪を減らす

といった作用が期待できます。

 

内臓脂肪の増加によって誘発される、
脳梗塞や心筋梗塞などの予防も期待できます。

 

ラクトフェリンの摂取方法

ラクトフェリンサプリ,比較

摂取方法としては、乳製品を食べるのが手軽です。

 

注意したいのは、ラクトフェリンは熱に弱いということです。

 

加熱殺菌した牛乳ではラクトフェリンは変性してしまい、
ほとんど意味がありません。

 

しかしチーズヨーグルトであれば、ラクトフェリンを摂取できます。

 

特にヨーグルトには、サーモフィラス菌やブルガリア菌などの乳酸菌や、
ビフィズス菌も含まれ、腸内環境を整えてくれます。

 

市販のヨーグルトの中には、ラクトフェリンを強化したものもあります。

 

食物からは必要量を摂取するのは難しい

ラクトフェリンサプリ,比較

ただ、たとえ含有量の多いヨーグルトであっても、
それだけで必要量を摂取することは困難です。

 

また、胃酸で分解されてしまうため、腸に届く量は減少します。

 

そうしたことから、牛乳から抽出した
ラクトフェリンのサプリメントが利用されています。

 

サプリメントによっては、
胃で分解されないようコーティングしてあるタイプもあります。


ラクトフェリンサプリの便秘解消によるダイエットについて

ラクトフェリンサプリ,比較

ラクトフェリンサプリは、
・ 悪玉菌の増殖を抑える
・ ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌を増やす
・ 腸内環境を整える

といった働きが期待できます。

 

腸内環境を整えることが、便秘解消につながっていくのです。

 

善玉菌を増やすことが大切

ラクトフェリンサプリ,比較

善玉菌は、

  1. 余分なコレステロールを体外に排出するのを手伝う
  2. 中性脂肪を減らしていく
  3. 発がん物質を分解して害をなくしていく

 

といった働きをしますので、善玉菌を増やすことは大切です。

 

善玉菌が腸内で働くためには、
生きたまま腸内に届くことが必要です。

 

ヨーグルトを沢山食べても、
それほど沢山の乳酸菌が腸に届くわけではありません。

 

ラクトフェリンでダイエット

ラクトフェリンサプリ,比較

ラクトフェリンには、

  1. 脂肪を分解する働き
  2. 脂肪を抑制する働き

の2つがあります。

 

その両方の働きによって、すごくダイエットに期待ができるのです。

 

腸内環境が整う

       ↓

体内の新陳代謝がよくなる

       ↓

血行がよくなる

       ↓

大切な栄養分が体の隅々にまで届けられる

 

といったことも、ダイエット成功のポイントです。

 

効率よく体内に摂取するにはサプリが有効

ラクトフェリンサプリ,比較

ラクトフェリンは、熱や酸に弱く、
消化酵素によっても分解されやすい性質があります。

 

体内に摂取された成分は、
胃を通過する際に、胃酸にほとんどが分解されます。

 

そのため、腸に届くころには、ラクトフェリンはほとんど届きません。

 

ですから、生のラクトフェリンではなく、
腸まで届く設計がされたものを選ぶようにして下さい。

 

効率よく、ラクトフェリンを体内に摂取するためには、
サプリが有効と言えるでしょう

 

毎日継続して摂取することで、
腸内環境が整い、良い状態を維持できます。


アンチエイジングと美肌に近づける働きのあるラクトフェリンのサプリ

ラクトフェリンサプリ,比較

肌を老化させる原因のひとつが活性酸素です。

 

例えば紫外線にあたると、肌の内部に活性酸素が発生し、
それによって作り出された過酸化脂質が変化してシミになります。

 

ラクトフェリンは、この活性酸素を取り除く抗酸化作用に優れています。

 

もともと体内には抗酸化作用が備わっていますが、
歳を重ねるごとに働きが弱くなっていきます。

 

そのため、アンチエイジングや美肌を考えるなら、
日頃から抗酸化作用をもつ成分を積極的に摂り入れる必要があります。

 

ラクトフェリンの美容への期待

ラクトフェリンサプリ,比較

さらにラクトフェリンには腸内環境を整え、
大腸にできたポリープの成長を抑制する他、
体内で細胞を修復して再生させる働きが発見されています。

 

また、表皮の下にある真皮には、
肌に弾力を与えるコラーゲンやエラスチン、
ヒアルロン酸が存在しています。

 

これらは加齢と共に減少していきます。

 

しかしラクトフェリンにはこれらの成分を活性化し、
増加させる作用があるという研究報告もあります。

 

ラクトフェリンサプリの服用方法

ラクトフェリンサプリ,比較

アンチエイジングや美肌効果のために
サプリメントとして服用する場合は、就寝前が効率的です。

 

眠っている間は胃腸がリラックスしているため、吸収率が高くなるからです。

 

摂取量は1日におよそ150から300mgが適量です。
医薬品や他のサプリメントとの飲み合わせや副作用はありません。


ラクトフェリンサプリの選び方や効率的な飲み方

ラクトフェリンサプリ,比較

ラクトフェリンサプリは、

  • ポッコリおなかで悩んでいる方
  • 内臓脂肪を減らしたい方

などに嬉しいサプリです。

 

 

ラクトフェリンは健康に欠かせません

ラクトフェリンサプリ,比較

ラクトフェリンは、

  1. 免疫強化
  2. 抗菌作用
  3. 脂質代謝の促進
  4. 抗酸化作用
  5. 腸内環境の改善

など、健康に欠かせない様々な働きを持っています。

 

また、腸内で大腸菌などの悪玉菌を抑制する働きが期待でき、
腸の善玉菌が増殖しやすくなります。

 

このため、腸内環境を健やかにする働きによって、栄養の吸収率が高まり、
同じ食事量でも効率よく栄養素を摂取すること期待できます。

 

効率よく摂取するにはサプリメントを利用がおすすめ/h5>

ラクトフェリンは牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品に多く含まれています。

 

しかし、食事で摂取できる量はわずかなため、
サプリで摂取することが効率的だといわれています。

 

ラクトフェリンサプリの選び方

ラクトフェリンサプリ,比較

ラクトフェリンは腸にたどり着く前に胃で分解されてしまいます。

 

そのため、サプリの選び方は、腸で吸収されるように
コーティング加工が施されたものが理想的です。

 

ラクトフェリン以外に、
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・コンドロイチン

などの美容成分が配合されたものもあります。

 

また、品質にこだわったラクトフェリンだけを使用しているものなどがあります。

 

ラクトフェリンサプリの効率的な飲み方

ラクトフェリンサプリ,比較

また、ラクトフェリンサプリの効率的な飲み方は、
基本的には就寝前に摂取するのがよいといわれていますが、
より働きを実感したい場合は1日2~3回に分けて摂取するほうがよいでしょう。

 

他の食べ物や医薬品、サプリなどと併用しても問題はないといわれていますが、
乳製品のアレルギーを持っている方は注意が必要です。

 

サプリは効果的な飲み方を実践し、規則正しく毎日摂取することが大切です。


「ラクトフェリンサプリを徹底比較|本当に働きのあるサプリはどれ」関連情報